ゲリ山&脱腸ピンの素晴らしいブログ


<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧



連続ブログ小説『ふたりはゲチョピーエンド』

前回までのあらすじ

ヤーマリまで刺されてしまうなんて想定外でした。助けを呼びに引き返し、レスキューヘリと警官隊50人を向かわせ、私はタクシーで一足先に戻りました。神殿へ戻るとどうもヤーマリは生きていたようでしたが様子がおかしい。そこへyuppaが現れます「遅かったですね、魔王は復活しました、御覧なさい。」よく見るとヤーマリの穴にはグレートマザーがずっぽり挿入されスイッチが入っていました。なんということでしょう。ヤーマリは悶えつつも魔王へと姿を変えてしまいました。警察隊とレスキューヘリは魔王となったヤーマリに焼き払われ私は只泣くことしかできませんでした。一方その頃、丁度この村へ帰ってきたユッケなんとかさん。「なんということだ・・私の故郷が・・・一体何が・・・」地下神殿へ降りyuppaを見るとプロポーズし、2人で村を再建しようと誓っていました。魔王も一緒に村を再建したいと申し出ました。私は居ても立っても居られず村の再建に強力することを宣言し、4人で村を再建しながら平和に暮らしましたとさ。

最終話
 ~そんな夢を見た~

ジリリリリリイリ・・・

チヨ「はい。目覚めました。朝ですね。なんだか夢を見ていた気がします。それでは今日もお仕事がんばりましょうか。いってきます。また来週」

ぼてん


こうして今日もまた新しい一日が始まったのでした。

おしまい
[PR]
by geriyamachopin | 2006-09-27 10:05 | Comments(4)


連続ブログ小説『ふたりはゲチョぴっタンザニア』

~前回までのあらすじ~

二死満塁で迎えた九回の裏。ついに決着のとき!

聖ヤマリゲス学院ピッチャー ゲイナードヤーマリ!!
迎え撃つは脱腸塾のチヨ・ピィン!!

ピッチャー振りかぶって・・・
横になって・・・
一眠りして・・・
お茶を入れて・・・
立って・・・
座って・・・
投げました!!!!!

お~~っと、これは速い!!安い!!!うま・・・

腸「ついにあの必殺技を使うときが来ましたか・・・」
・・・スッ

おっとチヨ選手懐から長ネギを取り出したあああああ!
そしてさらにブンブン振り回している~!!
腸「Ia tsu-tsa, parivikkai vailan,Tikkai villan titstandum!L'laa dipi depi della ruppathi rupiran,Kuriikan kukkaja kirikango!
どうも」

かきーーーーん・・・

打球は右中間を越え、岩手県を越え、日本海を越え、国境を越え、そして今、キミに会いに行きます・・・


第三話
 ~今月の14日が誕生日でした~
チ「あぁ・・・なんという悲劇。ヤーマリまで刺されてしまうなんて想定外でした」
ヤ「俺に構わず逃げるんだ!そして、横になって、一眠りして、お茶を入れて、立って、座って・・・」
チ「わかりました」
チヨは必ずここへ戻ると約束し、地下神殿をあとにした。
ザッザッザッ
早く帰って横になって、一眠りして、お茶を入れて、立って、座って、助けを呼ばないと!!
死なないで!!
不安はつのるばかり。
きっと間に合わない・・・
でも・・・立ち止まってはダメ!ベストを尽くすのよ!!
あああ、ダメだ。疲れました。
チ「ヘイ!タクシー」
ブルルン!
これなら間に合うわ!


一方その頃。
「フッフッフッ・・・
残るはあと1つ」
タンザニアの頂上で不気味に笑うユッケなんとかさんがいた。

ユ「タンザニアは標高1650から1840mにある山麓に位置する農園。火山灰層と腐葉土で構成される土壌は、コーヒー栽培にとっては最高の条件。
現在農園創設者はもう亡くなり、そのオーナーの二代目であるDjinnパルネ兄弟が初代オーナーの意志を引き継ぎ運営。この農園の実績は申し分ない」

※ここでちょっとブレイク。コーヒーだけに豆知識(爆笑ですよね)※
この農園からの銘柄は世界的に知名度が高く、この農園から出荷される銘柄はイタリア、アメリカをはじめとする有数のコーヒー販売業者から、「モンデュールブランド」として取引されるほどの逸品。

最高の品質の維持は、大量生産の基では生まれないという哲学のもと運営されているため、生産量は年間生産量 3,500袋に限定している。

土壌、標高、品種、スタッフの管理、精製管理。高品質な銘柄を生み出すための農園の条件は数多くあるが、これほど条件を満たし完成された農園は世界中でも珍しい。

高得点で評価されるコーヒーの酸味とはどういった味わいなのか?そうお考えの会員の方は、まずこちらの銘柄をお試しください。


タンザニア ピンリーゲ農園
200g単位 ¥950 (税込)

(一杯あたりの豆の使用量基準は約10gです。)

ユ「残すはここの農園だけだ!ここを手に入れれば世界のコーヒー業界を掌握できる!
・・・と、思ったんだけど結婚するので国へ帰ってビール飲んで寝ます」

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・

よかった!間に合った!
ヤーマリは生きていた!

次回!真・最終章。
山本先生に期待しましょう。
[PR]
by geriyamachopin | 2006-09-15 22:52 | Comments(2)


連続ブログ小説『ふたりはゲチョぴっ探検隊』

前回までのあらすじ

ふじさんの通夜で「こけしで鹿を狩る民族が山奥にいる」という情報を聞いた我々は非常な興味を持ち真相を確かめるべくロッジを後にした。道中、悪そうな魔女yuppaに出会う。yuppaはその民族の村に古くから伝わる伝説のこけし「グレートマザー」を探しにやってきたのだと言う。yuppaから寝言で大体の事は聞けた。死んだ者の“はじめての穴”にグレートマザーを刺してスイッチを入れると生き返るというのだ。もしかしたらふじさんも生き返るかもしれない。しかしyuppaはグレートマザーで魔王を復活させようと企てていた!!1回スイッチを入れると再度使用可能になるまで300年充電させなければならないらしい。さすが伝説のグレートマザーです。無事グレートマザーを手に入れてふじさんを生き返らせることが出来るのか!?はたまた魔王が復活してしまうのか!?yuppaはこけしで鹿を狩る民族の村を焼き払っていた、我々はその間地下の神殿を探索していた。見つけた!これがグレートマザーか!どうやら真の勇者にしか引き抜けない台座に刺さっていて必死で引き抜こうと力んでいたら、ゲイナード・ヤーマリは不意を突かれてこけしの守護神・某岩に刺された。「ううう・・俺に構わず逃げるんだ・・・」私はどうしたらいいのでしょうか。そこで某岩から告げられる衝撃の事実とは!?


第二話
 ~それを、罪と知りながら~


某岩「私がふじさんを刺しました」

やっぱり!!!

某岩「人間共が山を削ってホテルを建てたりダムを建設するから鹿が減って、狩りが出来なくて、お腹が空いてたんだ。お腹が空いて、むしゃくしゃしてた。人を殺してみたかった。誰でも、良かったんだ・・・」

それを聞いた私の心には、何かステキな感情が芽生えていました。この人を悲しみから救ってあげたい。でも、どうしたら・・・。

某岩「・・・!!!その心の輝きはまさしく勇者!さあ、グレートマザーは君の物だ。好きに使ってくれ。充電はしてあるから!それじゃ!」

そう言ってどこかへ行かれてしまいました。


・グレートマザーを使いますか?

使う
ふじさんに刺す ⑭ページへ
ヤーマリに刺す ⑱ページへ

使わない
魔王復活編 ⑯ページへ



次回感動のラストは脱腸先生が書いてくれます。
[PR]
by geriyamachopin | 2006-09-06 18:17 | Comments(1)

    

v ('w') v<ホムペ作りました!
by geriyamachopin
カテゴリ
最新のコメント
やめました。(7月の時点で)
by チョーピン at 10:14
なんと?! びっくらこ..
by デセ at 22:28
早いもので今年も残すとこ..
by チョーピン at 04:57
|д゚) 今更感はある..
by 真修羅 at 06:40
ありがとうございます~!..
by チョーピン at 22:33
お誕生日は明日かな?
by りなっぷ at 16:49
cho pin さん、お..
by りなっぷ at 16:47
まだ公式に終わるわけでは..
by チョピコ at 00:13
おわるの~~ぉ。 中々..
by うぱこ at 23:28
学生にジョブチェンジした..
by チョーピン at 22:06
素晴らしいリンク
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧